ロモグラフィEARLGREY100/LADYGREY400は良い意味で荒削りなフィルム


ロモグラフィーから白黒フィルムは何種類か出ていますが、既に販売が終了していたり限定的な販売の為、在庫が無くなり次第終了という事が結構多いです。

しかし今回ご紹介する「EARL GREY100」と「LADY GREY400」はレギュラー的なフィルムになるので、安定して供給されているフィルムになります。

両方共使ってみたので、今回は2種類ともご紹介したいと思います。


基本情報

EARL GREY100 1980円(3本セット)
LADY GREY400 2280円(3本セット)

それぞれ1つの箱に3本のフィルムが入っていて、感度は名前の通りEARL GREYが100で、LADY GREYが400になります。

LADY GREY400の方はお店でも見かける事が多いですが、EARL GREY100は売っている所が少なく、入手するのにも一苦労と言った感じです。


EARL GREY100 作例


それでは作例をご覧頂きましょう。
まずはEARL GREY100からです。

何もいじる事無く、スキャンしたデータをそのまま縮小だけして載せました。





まず基本的にコントラストが高く、眠い感じにはなりにくいですが、悪く言うと白飛びや黒潰れしやすいという事になります。








ロモのフィルム全般に言える事ですが非常に硬調で、アクロスのそれと比べても明らかです。

















LADY GREY400 作例


続いてLADY GREY400の作例に参りましょう。





当然といえば当然ですが、やはり400のフィルムはザラザラが目立ちます。
ロモのフィルムは100でもザラザラが出やすいのですが、その100と比べても差は明らかです。

富士フィルムとかだと、例え400でも簡単にはザラつかないようになっているので、その辺はロモらしいといえますね。





EARL GREY100に比べると、そこまでコントラストは高くありませんね。


















100か400か?

「EARL GREY100」と「LADY GREY400」はどちらもロモグラフィーらしく良い意味で荒削りなフィルムと言えます。

それを踏まえて使うならどちらがオススメか?という話をしたいのですが、天候や時間帯を考慮するのはもちろんですが、それを差し引いて言うなら「EARL GREY100」の方が個人的には面白かったと言えます。

硬調でコントラストが高いので、非常にスタイリッシュな写真になります。(ただ、入手が困難です。。)
フィルムを始めた頃に期待していた「フィルムっぽさ」がそこにはあります。

最近のフィルムファンの方は綺麗な画質というより、荒削りなフィルムっぽさみたいなものを望んでいる方も多いと思うので、そういう場合ロモは非常にオススメです。

ちなみにロモにはLADY GREY400が入っているレンズ付きフィルムもあります↓
ロモグラフィレンズ付きフィルムガイド/作例やフィルムの装填方法等
昨今のフィルムカメラブームは、何と言っても「写ルンです」が火付け役になったというのは間違いありません。 実は写ルンですみたいなレンズ付きフィルムは富士フィルムだけではなく、他のメーカーからも出しており、昔はコダックの「スナップ...
タイトルとURLをコピーしました