フィルムカメラ

富士フィルムアクロス2作例 「2」になってもアクロスでした。

2019年11月22日。 あのアクロスがアクロス2になって復活を遂げました。 慢性的なフィルム自体の需要の低下、そして原材料の調達が困難という事情から生産終了になったのですが、多くのファンの方から「再販してほしい」という...
写真Howto等

自信作をリラックスして鑑賞したい場合は2Lプリントがおススメです

以前このブログではL版とA4サイズのプリントについてお話をした事があります。 用途的に言えば、 L版:大量の枚数を記録や思い出として綴じる A4:臨場感たっぷり!迫力のある写真を見たい という事になるので...
写真Howto等

AI搭載のカメラが開発されたら写真家は滅ぶのか?

現在まことしやかに囁かれている噂話があります。 「本格的にAI搭載のカメラが開発されたら写真家は滅ぶのではないか?」 というもので、カメラが被写体を良い感じに切り取ってくれ、撮影者は色々考えてフレーミングをする必...
フィルムカメラ

昔のフィルムカメラ(一眼レフ)の意外なメリット

最近はずっとデジカメ(ミラーレス)で写真を撮っていたのですが、この前久しぶりにフィルムで写真を撮りに行きました。 使ったカメラは普通の一眼レフで、性能は今のカメラと比べると勝負にならないくらい原始的な機能しかありません...
写真Howto等

上手い写真が嫌いな人に贈る「くずし写真」のススメ

どうすれば写真が上手くなるのだろう? 写真を始めた頃は常にそんな事を考えていました。(何かにとりつかれたかのように) 上手く撮る事こそが命題で、それが全てだったと言っても過言ではありません。 そして世の中も当然そう...
写真Howto等

写真をA4サイズでプリントしたのですが、臨場感がハンパないです

これまでの僕の写真はSNSやブログに投稿する事が目的だったので、おのずとスマホで見られる前提で撮ってきました。 しかし思う所があって、今はA4でプリントする事をゴールとして写真を撮るようにしています。 そ...
写真Howto等

写真を「スマホで見る前提」で撮ると、写真が深まらない理由

今の時代に写真を始められた方は「写真を撮る」と「SNSに投稿する」がほぼセットになっていると思います。 そして多くの方が写真を鑑賞する際はSNS経由でご覧になられるかと思います。 更にほとんどの方がスマホから見て...
写真Howto等

写真は記録というのは認めるが、それが本質でもましてや全てでもない

実は最近京都の写真を投稿したくてtumblrというものを始めました。 京都の写真と言っても和の風情が溢れる写真ではなく、地元の人と同じ目線で見た日常的な街の写真がほとんどになります。 というのも昔、「バスDEコロコロ」と...
やってみた

超望遠レンズ(300mm)で街をスナップしてみた。

普通、街をスナップする時は28mm~85mmくらいのレンズを使用すると思います。 それよりも広角や望遠になってしまうと、かけ離れてしまうのでスナップには向いていない画角と言えます。 今回はそんなかけ離れた画角のレンズ...
フィルムカメラ

ロモグラフィー モノクロフィルム(100/400)レビュー・作例

ロモグラフィーから白黒フィルムは何種類か出ていますが、既に販売が終了していたり限定的な販売の為、在庫が無くなり次第終了という事が結構多いです。 しかし今回ご紹介する「EARL GREY100」と「LADY GREY400」はレ...
やってみた

デジカメの白黒モードとカラーを白黒変換した写真を比較してみた

SNSで写真をアップしている人や有名な写真家の話を聞いていると、カラーで撮った写真を白黒に変換しているという方が意外に多いという事が解りました。 僕もこれからは京都にこだわって写真を撮ってみるつもりで、色んな切り口から京都とい...
タイトルとURLをコピーしました