フィルムカメラ

ピントの∞(無限)マーク、どこに合わせれば良いの?

昔のレンズというのは、ファインダーを覗かなくてもピントを合わせる事が出来ます。 例えばF値を16で撮る場合は、 この範囲がピントの合う範囲なので、右側の16の所を「∞」に合わせておくという具合です...
その他のフィルムレビュー

HILLVALE HOLIDAY200レビュー これは悪い意味でやられたかも

今回はHILLVALE(ヒルヴェール)という外国のメーカーの「HOLIDAY200」というフィルムを紹介していくのですが、このフィルムは中々の曰く付きでした。。 どういう事なのか、順を追って詳細を説明していきます。 ...
フィルムカメラ

フィルムの箱でそのフィルムの特徴が解る説を検証してみた

色々なフィルムを使っていて気付いた事があるのですが、フィルムの箱というのはそのフィルムの特徴を表しているのではないか?という事です。 彩度が高く派手な発色をするフィルムなら箱のデザインもカラフルなものに、逆に白黒フィルムなら白...
写真Howto等

現代のレンズを昔のカメラに取り付けたらどうなるか?を試してみた

昔のレンズ、つまりオールドレンズを今のカメラに付けて写真を撮るという事は多くの方がやっておられます。 そこでふと思ったのですが、逆に今のレンズを昔のカメラに取り付けて撮影すればどうなるんだろう?という事です。 もちろんマ...
写真Howto等

データを整理していたら、初めて撮った写真が出てきたので晒してみる

先日、パソコンに入っている写真のデータを整理していました。 すると昔撮った写真が出てきたので、本来の目的を忘れて写真に没頭する羽目に。。 しかしながら昔撮った写真を見返していると自分の成長が実感できたり、その時の記憶が蘇って...
フィルムカメラ

クロスプロセスに挑戦したので、作例と注意事項等を話します

以前から一度やってみたかったクロスプロセスなんですが、貴重なリバーサルフィルムをあえて特殊な方法で現像する勇気が出なくて結構躊躇していました。 しかしようやく重い腰を上げてクロスプロセスに挑戦したので、今回は作例と注意事項等を...
写真Howto等

写真を見る(観る)力を鍛える方法

長いスランプを経験して、その中から得た1つの気づきに写真には「撮る力」があるのと同様「見る力」というのも存在するという事です。 そしてこの2つは両輪関係になっていて、撮る力だけを鍛えても頭打ちになってしまうという事が解りました。 ...
コダックフィルムレビュー

コダック プロイメージ フィルムガイド

今回はコダックのプロイメージ100をご紹介します。 何気にパトローネのデザインもカッコよくポートラとかに比べれば、値段も安いので普段使いには良いのでは無いでしょうか。 コダックの中では安い お値段はお店によってまち...
写真Howto等

街で写真を撮っていて、人に警戒されない方法

街で写真を撮っていて、風景だけだと物足りない時ってありますよね。 そういう時は大抵は光か人が足りていないという場合がほとんどだと思います。 光の場合は天候や時間帯の問題もあるので、今すぐどうにかならない事もあります。 でも...
コダックフィルムレビュー

コダック エクター100 フィルムガイド【作例多数】

今回はコダックの「Ektar 100」をご紹介します。 発売は2009年と、フィルムにしては新しめでコダックは今も尚エクタクロームを復活させてくれたりしているのも嬉しい限りです。 ただ、すっごい高い! しかしコダッ...
写真Howto等

露出計アプリの使い方(オススメのアプリも紹介します。)

フィルムカメラを買うと内蔵の露出計が壊れていたり、そもそも露出計が付いていないなんて事もよくあります。 そんな時に役に立つのが単体の露出計なのですが、しかしそれだけの為に単体の露出計を購入するのもちょっと…という方も多いと思い...
タイトルとURLをコピーしました