SUPERIA PREMIUM400フィルムレビュー


今回は富士フィルムの「SUPERIA PREMIUM400」をご紹介したいと思います。

最近はコンビニはおろか、写真屋さんであっても店頭にフィルムを置かなくなったお店が多くなりました。
辛うじて置いてあったとしても種類は多くなく、というよりも1つだけポツンと置いてあるくらいだと思います。

そのポツンと置いてあるフィルムは、かなりの高確率でこのSUPERIA PREMIUM400という場合が多いです。
感度も400で汎用性が高いので何かと選ばれやすいのですね。

ですのでこのフィルムに遭遇された方は多いと思います。


フィルムの値段

SUPERIA PREMIUM400は27枚撮りと36枚撮りの2種類があり、お店によってまちまちですが27枚撮りで900円前後、36枚撮りで1350円前後くらいが平均です。

富士の感度400のフィルムは以前は「SUPERIA X-TRA400」というのがあったのですが生産が終了し、その代替的な位置付けにこのSUPERIA PREMIUM400を推奨しています。

しかしSUPERIA X-TRA400は値段がリーズナブルで普段使いにはもってこいのフィルムだったのですが、SUPERIA PREMIUM400は最近のフィルムにしては高くは無いですがリーズナブルとまではいきません。

それにあと200~300円プラスすると、もう1つの感度400のフィルム「PRO400H」が買えるので、遭遇率が高い割には選ばれにくいフィルムな感じがします。

ちなみにSUPERIA PREMIUM400とPRO400Hは写りが全然違います。

富士フィルム PRO400H フィルムガイド そんなに青いかな?
今回は富士フィルムの「PRO400H」のレビューをしたいと思います。 PRO400Hと言えば「青っぽい写真になっていい感じ」が特徴的のフィルムですが、あがってきた写真を見る限りでは「そんなに青っぽいかな?」というのが正直な感想...



作例

それでは作例をご覧いただきましょう。









写りは「富士フィルムだなぁ」という写りで、写ルンですとも似ています。(もしかしたら同じかもしれません)











曇りの日や日陰の時のザラザラ具合も写ルンですっぽいですね。
僕の子供時代はフィルムカメラしか無い時代で、富士フィルムが圧倒的なシェア率を誇っていたと思いますから、こういう写真を見るとものすごく郷愁を感じます。











感度400なので積極的に夜の撮影も行いました。
感度100に比べてかなり余裕を持って撮影が出来ます。




終わりに

フィルムを始められた多くの方が富士フィルムから入ると思うのですが、SUPERIA PREMIUM400は画質や色合いが「THE・富士フィルム」で、値段もリーズナブルにも高価格にも属さないので、積極的には選ばれにくいフィルムだなぁという気がします。

かくいう僕も昼間ならフジカラー100を使いますし、夜ならヴィーナス800を使うと思います。(もちろん僕自身の時期的な問題もあるのだと思いますが)

ぐるっと一周色んなフィルムを使った後に戻ってくる所なのかもしれませんね。




タイトルとURLをコピーしました