富士フィルムレビュー

フィルムカメラ

フジカラー C200作例 100との違いは?

年々フィルムの値段が高騰し、その中では比較的値段が安いのが今回ご紹介する「フジカラー C200」になります。 同じフィルムでフジカラー100というのもありますが、 それとはどう違うのか?作例と共に見ていきまし...
フィルムカメラ

富士フィルムアクロス2作例 「2」になってもアクロスでした。

2019年11月22日。 あのアクロスがアクロス2になって復活を遂げました。 慢性的なフィルム自体の需要の低下、そして原材料の調達が困難という事情から生産終了になったのですが、多くのファンの方から「再販してほしい」という...
フィルムカメラ

SUPERIA PREMIUM400フィルムレビュー

今回は富士フィルムの「SUPERIA PREMIUM400」をご紹介したいと思います。 最近はコンビニはおろか、写真屋さんであっても店頭にフィルムを置かなくなったお店が多くなりました。 辛うじて置いてあったとしても種類は多く...
フィルムカメラ

ヴィーナス800フィルムガイド 800とは思えない高画質

NATURA1600の影に隠れた高感度フィルム 今回は富士フィルムの「Venus(ヴィーナス)800」の紹介をしたいと思います。 このフィルムは富士のフィルムの中でも特に影に隠れている感があり、 NATURA1600が...
フィルムカメラ

富士フィルム PRO400H フィルムガイド そんなに青いかな?

今回は富士フィルムの「PRO400H」のレビューをしたいと思います。 PRO400Hと言えば「青っぽい写真になっていい感じ」が特徴的のフィルムですが、あがってきた写真を見る限りでは「そんなに青っぽいかな?」というのが正直な感想...
フィルムカメラ

フジカラー100作例 「あの頃」を写してくれるフィルム

「ALWAYS 三丁目の夕日」という映画はご存知でしょうか。 昭和30年代の東京下町の日常を描いた映画で、その時代を生きた人もそうでない人も懐かしさを蘇らせてくれるとても素敵な映画です。 当時を知っている方が懐かしい気持ちに...
フィルムカメラ

業務用100(富士フィルム)ガイド 生活とフィルムっぽいフィルム

今回は箱の見た目がシンプルで、それが逆にカッコイイ「業務用100」をご紹介します。 お気づきの方もおられるかもしれませんが、のっけから訂正しなければいけない事がございます。 本当の名前は「(業)記録用カラーフィル...
フィルムカメラ

【プロビア100Fフィルムガイド】やたら透明な空気感に注目

今回はリバーサルフィルム(ポジフィルム)の「プロビア100F」のレビューをしたいと思います。 現在リバーサルフィルム(ポジフィルム)自体が続々と生産終了しており、手頃に買えるものと言えば富士フィルムの「ベルビア100」と今回ご...
フィルムカメラ

ベルビア50・100フィルムレビュー 実はそこまで高彩度ではない

今回は富士フィルムのリバーサルフィルム「Velvia50」と「Velvia100」のレビューをしたいと思います。 デジカメで富士フィルムをお使いの方はフィルムシミュレーションでおなじみの名称で、位置づけ的にはヴィヴィットで...
タイトルとURLをコピーしました