プロフィール

2018年7月21日

岡田 なつき

大阪生まれ大阪在住。
色々な切り口があれど根本は「街」を撮り、しかもストリートスナップではなく景観や風景を好む。

現在はSNS以外の写真の楽しみ方を模索していて、それらに関する情報をブログで発信している。

このブログについて

2018年3月より運営開始。
最初は「ブログマガジン」という名前で多ジャンルのテーマを扱うサイトだったのですが、統一感が無く変な感じになってしまったので、それぞれ親和性のあるテーマ毎にサイトを運営していく事にしました。
なんでフランス料理屋さんに、親子丼があるんだ!?みたいな感覚です。
その為、写真について扱う「写るんですです。」という名前に変更。


写真遍歴

・2015年11月に京都のブログを始め、その時に写真を撮り始める。
最初はビデオカメラの「デジカメモード」で撮っていました。。
形的にはハッセルブラッドで撮ってるみたいな感じです。

・2016年1月に「やっぱりちゃんとしたカメラを買おう」という事で、一眼レフを購入。
ここから本格的なカメラライフが始まる。

・なにかに取り憑かれたかの様に写真にハマる。

・同年9月「どうやったら上手くなるんだろう?」と突き詰めた結果、フィルムカメラで撮れば嫌でも撮る前に考えないといけないので、上達するのではないか?という結論に至り、フィルムカメラを始める。
・2018年の半ば頃から、どんな写真を見ても何も感じないという症状に陥り、そこから長いスランプに入る。

・今現在もその状態が続いているものの、いわゆる「お上手な写真」を撮らないといけないという事がそもそもの原因だと気づく。
今日の写真文化は「うまい写真=正義(更にはステイタス)」という事がまるで決定事項のように観念付けられていますが、それがそもそもおかしな話だったのです。

・現在はSNS以外の写真の楽しみ方を模索していて、それらの情報を発信するという使命に目覚める。

・写真集「昭和60年代大回顧展」を作る。

https://webmagalog.com/zine-syowa60/