プロフィール


名前:岡田 なつき

住んでる所:大阪

趣味:ブログ・写真・京都・ときどきゲーム
ブログはもはや趣味と呼べる領域で、元々ミニコミ誌をやりたかったという事があり、その影響と思われます。
扱うテーマは写真や京都という、これまた自分の好きな事なのでこれが仕事になれば正に天職なんですが。。


このブログについて

2018年3月より運営開始。
最初は「ブログマガジン」という名前で多ジャンルのテーマを扱うサイトだったのですが、統一感が無く変な感じになってしまったので、それぞれ親和性のあるテーマ毎にサイトを運営していく事にしました。
なんでフランス料理屋さんに、親子丼があるんだ!?みたいな感覚です。
その為、当サイトは写真とフィルムカメラについて扱う「写るんですです。」という名前に変更。


写真遍歴

・2015年11月に京都のブログを始め、その時に写真を撮り始める。
最初はビデオカメラの「デジカメモード」で撮っていました。。
形的にはハッセルブラッドで撮ってるみたいな感じです。

・2016年1月に「やっぱりちゃんとしたカメラを買おう」という事で、キャノンのEOS Kiss X7を購入。
ここから本格的なカメラライフが始まる。

・なにかに取り憑かれたかの様に写真にハマる。

・同年9月「どうやったら上手くなるんだろう?」と突き詰めた結果、フィルムカメラで撮れば嫌でも撮る前に考えないといけないので、上達するのではないか?という結論に至り、フィルムカメラを始める。
今でこそフィルムカメラそのものが好きなのですが、最初は意外にも「上達の手段」だったのです。
その時にミノルタというメーカーに出会う。


・同年12月キャノンから富士フィルムにマウントチェンジ。
同じメーカーで2つのマウントがあるという不便さからレンズのつぶしが利かないという事が嫌になったのと、富士フィルム自体が思い入れのあるメーカーだったので、その辺は躊躇なく行けました。


・2018年の半ば頃から、どんな写真を見ても何も感じないという症状に陥り、そこから長いスランプに入る。

・今現在もその状態が続いているものの、いわゆる「お上手な写真」を撮らないといけないという事がそもそもの原因だと気づく。
今日の写真文化は「うまい写真=正義(更にはステイタス)」という事がまるで決定事項のように観念付けられていますが、それがそもそもおかしな話だったのです。

・現在、強烈な引力に引っ張られながらもうまい写真からの脱却を計っている所。
そしてそれと同時に写真を見る力にも着目している。
このブログで写真の上達系の記事を知っている範囲で書いていこうと思っていたのですが、うまい写真を撮る事自体に疑いを持ち始めているので、書くに書けないという日々が続いています。。。


使用カメラ

現在、デジカメはミラーレスが1台、フィルムカメラは一眼レフを2台使用しています。

デジカメは富士フィルムの「X-T10」、フィルムカメラはミノルタの「SR-1」「SRT-101」になります。

minolta SR-1



minolta SRT-101



レンズはフジノンレンズ18mm・35mm・60mmMacroとロッコール28mm×2本・35mm・50mm・100mm・135mmを持っています。


大きく影響を受けたサイト

僕の写真の成長を語る上で、どうしても外せないサイトが以下の3つになります。
ただ、現在は僕自身の考え方が変わっています。

Essay 写真上達の近道

林敏弘さんという、ピンホールカメラで作品を撮られている方のサイトで、その中の「写真上達の近道」というエッセイページです。
古き良き「写真道」と言った感じで(ごめんなさい)、テイストも含め大好きなエッセイです。
もしかしたら現在はもっとうまいやり方があるのかもしれませんが、僕はこのやり方を言われた通りにそのまま実行しました。
最先端のやり方を追い求め続けて結局何もやらないより、昔の方法かもしれないが、やった方が良いのは明らかです。


“シンプルということ” by Ken Rockwell を日本語に訳した

これはかなり強烈で、「ケン・ロックウェル」という海外の写真家が書いた記事を翻訳してくれたページです。

ケン・ロックウェル自身がとてつもないレンズ沼・カメラ沼にハマってしまい、その結果本当に必要だったのは一番最初に買ったカメラ1台とレンズ1本だったという事に気付いたというくだりから始まり、良い写真を撮る為に本当に必要なものは何か?という事を説いてくれています。

僕が50mm1本でずっと撮っていたのはこの記事の影響だと言っても過言ではありません。
今思えば極論な感じはしますが、得るものは大いにありました。
※さすがに50mm1本で何でもは撮れません。


プロカメラマン、石田貴大さんの有料講座

本当は誰にも言いたく無かったんです。。
何故なら本当に上達するからです。

これぞ僕が探していた本質的かつ体系的な写真の上達法で、しかもそれはたった1フレーズで言い表す事ができます。

僕が購入した当時は有料でしたが現在は無料で公開しています。(ちっ)


今後について

当面はうまい写真からの脱却と、自分の写真集(ZINE)を出すのが目標で、色んな所に写真を撮りに行きたいです。

それでは今後ともよろしくお願いします。

岡田なつき
シェアしてくれると嬉しいです!
フォローしていただくとブログの更新を見逃しません
写るんですです。
タイトルとURLをコピーしました