大阪中之島撮影ガイド 都会のオアシス水上地区を堪能しよう


大阪のオフィス街にある中之島エリア。
働く人やレジャーで訪れた人達の憩いの場として連日賑わいを見せています。

撮影スポットとしても有名で、歴史的な建物や綺麗なオフィスビル群を撮影しようと、カメラを構えている方も多く見かけます。

そこで今回は大阪の中之島エリアの撮影ガイドを行いたいと思います。


中之島ってどんな所?


中之島は大阪のキタ・エリア、バリバリのオフィス街の中にあり、大きな川の上に浮かぶ水上地区になります。

景観も良くスーツを着たサラリーマンがお昼ご飯を食べたり、子供を連れたお母さんがシートを引いてお弁当を食べたりと、憩いの場として使われており、まさに都会のオアシス的な存在です。


アクセス


アクセスは地下鉄と京阪電車の2つで、一番手っ取り早いのは京阪電車です。
エリア内に駅があり、階段を上がって地上に出たらそこはもう中之島になります。

京阪の京橋駅から「京阪本線」と「中之島線」に分かれているのですが、両線の間にエリアがあるのでどちらを乗っても、そして天満橋駅以降どこで降りても中之島のエリア内に着いています。


降りる駅のオススメは「北浜駅」「淀屋橋駅」「なにわ橋駅」「大江橋駅」のいずれかになります。
後ほどお話しますが、この4駅が中之島エリアの中でも一番メインの所だからです。

ちなみにですが、「○○橋」と言うように、橋の名前がすごく多いです。
中之島は水上地区なので、橋のオンパレードです。

しかもレトロな造りの橋が多いです。



撮影ガイド

まずエリアとしては非常に広いです。
端っこから向こうの端っこまで歩いて往復すれば、早くても1時間半くらい、写真を撮ったり観光しながらだと2~3時間は優に掛かります。

しかも京橋から見て中之島駅に向かうほど見どころが少なくなっていくので、エリアの中でも↓の範囲内だけでも十分に楽しめると思います。


駅で言えば「北浜駅」「淀屋橋駅」「なにわ橋駅」「大江橋駅」で、このエリア内に中之島の見どころとされるスポットが集中しています。


中之島公園内バラ園



中央公会堂



中之島図書館



大阪市役所



日本銀行大阪支店

このエリア=中之島と言っても良いくらいの所です。

このエリアより向こう側はバリバリのオフィス街になり、一応川沿いに遊歩道が設置されていて、そこを散歩したりジョギングいている方が目立ちます。

高速道路のカーブポイントに位置するので、曲線美を楽しめます。



お食事


中之島公園内に食べ物屋さんはありますが、ほとんどが夕方からの営業で、しかも一杯やるのが前提のお店です。
都会のど真ん中なのでお店屋さんはあちらこちらにありますし、コンビニも多数あるのでご飯には困らないでしょう。

ちなみにオフィス街なので、お昼時はお弁当を売りにきているワゴン車もございます。


トイレスポット


中の島公園には綺麗めの公衆トイレが数カ所あります。
それ以外だとお店屋さんかコンビニ借りるくらいしかありません。


最後に

こう言ってはなんですが、大阪の観光スポットや撮影スポットと呼ばれている所はディープでゴチャゴチャっとした所が多い中、この中之島はキレイめ系に属します。

有名な被写体も多く光の状態によっても色んな写真が撮れるので、時間帯を変えて撮影に訪れても面白いですね。




タイトルとURLをコピーしました