どのカメラが何マウントかを一覧にしてみた


「マウント」というのはカメラとレンズを接合する規格の事で、 各メーカーが独自のマウントを開発しているのが普通です。

そして各社マウントの呼び方というのはどこも似ていて、「○マウント」の○の中にアルファベットが入るのがほぼほぼのパターンです。

今回はこの各メーカーが扱っているマウントを一覧にしてみました。

当初の予想よりもかなり長くなってしまったので、まず最初に一覧をお見せします。
そしてそれが目次になっているので好きなメーカーの所をタップすればその項目の所まで飛ぶ事が出来ます。


各メーカーマウント一覧

ニコン
 Fマウント
 Zマウント
 1マウント
キャノン
 EFマウント
 EF-Sマウント
 EF-Mマウント
 RFマウント
富士フィルム
 Xマウント
 Gマウント
ソニー
 Aマウント
 Eマウント
オリンパス
 フォーサーズシステム
 マイクロフォーサーズシステム
パナソニック
 フォーサーズシステム
 マイクロフォーサーズシステム
 ライカLマウント
リコー
 Kマウント
 Qマウント
 645マウント
シグマ
 SAマウント

それでは早速いってみましょう。


ニコン

Fマウント
Zマウント
1マウント
ニコンと言えば独自のネーミングが特徴的で、最初はとっつきにくい感がありますね。
しかし非常に歴史のある会社で、一貫して同じマウントで通してきたのもユーザーにとっては嬉しいです。


Fマウント

ニコンと言えばFマウントが超圧倒的に有名でニコンユーザーのほとんどの方がこのFマウントレンズを使っているのではないでしょうか。

そしてまた非常に伝統的でもあり、フィルムカメラ時代からずっと一貫して同じマウントを使い続けています。
ですので昔のレンズを現在の一眼レフにも使用する事ができ、かなりバリエーションが豊富です。


ニコンには「フルサイズ」「APS-C」というものが存在しない

そして実はニコンのカメラには「フルサイズ」や「APS-C」というものが存在しません。
あるのはフルサイズに相当する「FXフォーマット」APS-Cに相当する「DXフォーマット」で、ニコンユーザー以外の方からはこの辺がややこしく、敬遠される原因となっています。


DX専用のレンズもある

あと注意点として、DX専用のレンズはFXのカメラに使用する事は出来ません。
レンズ名に「DX」の文字が表記されているのがそれで、キャノンで言えばEF-Sマウントはフルサイズのカメラで使えないのと同じ理屈です。


Fマウントのカメラ

Fマウントが使えるカメラはニコンDシリーズで「D○○」というのがそれにあたり、以下のように分類されます。

【ニコンDシリーズラインナップ】

D1桁
Dシリーズのフラッグシップモデルで横綱・雲の上の存在的なカメラ。

Df
往年のフィルムカメラみたいなデザインで、ニコンDシリーズでは特殊な存在。

D800系
Dシリーズの大関的な存在。D800からスタートして→D810となり、次はD850となる。同系列のカメラのバージョンアップは左から2番めの数字が1つづつ上がるものだがいきなり飛躍した。

D700系
小型軽量を重視した作りが印象的。D700からD750となったが、後継機ではない。

D600系
FXの入門的な感じ。

※ここまでがFX(フルサイズ)で、ここからがDX(APS-C)です。

D500系
鉄道・飛行機・野鳥等いわゆる「動き物」を撮る事を想定に作られたカメラ。DXにする事で長玉を使わなくても超望遠撮影が可能。

D3000系・D5000系・D7000系
D3000系が入門用のいわゆる「エントリーモデル」でD5000系→D7000系の順に中級機へと進んでいくイメージ。


Zマウント

ニコンが待望のフルサイズミラーレスを送り出し、その際に一新したマウントです。
カメラもZシリーズになったのですが、アダプターを付ける事でFマウントレンズを使う事も可能です。


1マウント

今は販売終了になってしまいましたが、ニコンのミラーレスカメラのマウントになります。
このレンズに付けるカメラのサイズは「CXフォーマット」と言い、フォーサーズよりさらに小さい「1インチ」と呼ばれるものに近いセンサーを搭載しています。


ちなみに昔には「Sマウント」というのも存在し、ニコンが一眼レフを開発する以前のレンジファインダーカメラで使われていたマウントです。


レンズ名は「NIKKOR(ニッコール)」

ニコンのレンズは「NIKKOR(ニッコール)」という商標が付いています。
レンズの商標名とマウントは混同しがちですので、気をつけましょう。


キャノン

EFマウント
EF-Sマウント
EF-Mマウント
RFマウント
キャノンは昔のマニュアルフォーカスカメラ時代は「FDマウント」というマウントを使っていたのですが、オートフォーカスのレンズを開発する際にFDマウントを捨て、その時に現在の「EFマウント」に一新しました。


フルサイズのEFマウント APS-CのEF-Sマウント

35mmフィルムと同じ大きさのセンサーを持つフルサイズカメラ用のレンズに使うのが「EFマウント」で、APS-Cサイズのカメラに使うのが「EF-Sマウント」になります。

これもニコンのFX・DXと同じで、APS-CサイズのカメラにはEFマウントとEF-Sマウントの両方が使えますが、フルサイズのカメラにはEFマウントしか使えません。


EF(-S)マウントが使えるカメラ

キャノンのEF(-S)マウントが使えるカメラは「EOS(イオス)シリーズ」になります。

【キャノンEOSシリーズラインナップ】

1D系
EOSシリーズのフラッグシップモデルで横綱・雲の上の存在的なカメラ。

5D系
プロやハイアマチュアがよく愛用している機種。大関的な存在。

6D系
フルサイズの入門用的な機種。5Dに比べて小型化が売り。動きモノには向いておらず三脚立ててマニュアルフォーカスでじっくりと撮るのに向いている。

※ここまでがフルサイズで、ここからがAPS-Cです。

7D系
鉄道・飛行機・野鳥等いわゆる「動き物」を撮る事を想定に作られたカメラ。APS-Cにする事で長玉を使わなくても超望遠撮影が可能。

EOSの1桁台系はバージョンアップ時、数字が動くのではなくて「MarkⅡ」と言ったように横に伸びていきます。

二桁D系
EOSシリーズの中級機に位置するカメラです。二桁D系はバージョンアップ時に数字が増えていくタイプになり、最初10Dから始まり2018年12月現在、80Dまで販売されています。

四桁D系
中級機である二桁D系と後述するkiss系の間に位置するカメラ。8000Dから始まり現在は9000Dまで出ています。

Kiss系
EOSシリーズのエントリーモデルに位置づけされている。EOS Kissデジタル→EOS KissN→EOS KissXになり、ここからはバージョンアップごとに数字が増えていくという現在の形になっていて、現在はEOS KissX10まで来ている。


EF-Mマウント

EF-Mマウントはミラーレス一眼カメラのマウントになります。

こちらはEOSのMシリーズというカメラで展開されていて「EOS M」から始まり、それ以降Mの横に付く数字が増えていくのですが、ややこしいのは数字順にバージョンアップ版が並んでいないという事です。


RFマウント

念願のフルサイズミラーレスを発売と同時に一新されたマウント。
カメラは「EOS R」で、こちらもアダプターを付ければEFマウントレンズも使用出来ます。


富士フィルム

Xマウント
Gマウント
富士フィルムが現在展開しているミラーレスが始まったのは2012年と、かなり新しめです。
それまでもコンデジは販売していましたが(FinePix)、今回はマウントの話なので割愛させて頂きます。


Xマウント

富士フィルムのXシリーズのミラーレスカメラで使えるマウントでセンサーサイズがAPS-Cオンリーになります。
ニコンやキャノンに比べ序列序列していないのも特徴で、一応エントリーモデル、フラッグシップとその廉価版という位置付けはあるのですが、違いは外見の側だけで中身はその時の上位版と全く同じになります。

後、APS-Cオンリーなのでレンズのつぶしが利くというのも嬉しい限りです。

【富士フィルム Xシリーズラインナップ】

X-Pro系
後述するX-T系と二本柱で展開しているフラッグシップ機的な位置づけのカメラ。X-Pro1から始まり現在はX-Pro2と二世代目に突入。もうすぐX-Pro3が出そうな予感。

X-E系
X-pro系の廉価版という位置づけだが、側が違うだけで中身はその時々の上位版と同じものが搭載されている。

X-T系
X-Pro系と並ぶもう一つのフラッグシップ機的な位置づけのカメラ。X-T1から始まり現在はX-T3まで展開されている。廉価版的位置づけのX-T二桁系もあるが、中身は全く同じ。

X-H系
主に動画を撮る事を想定して作られたカメラ。映画用フィルムの「ETERNA(エテルナ)」のフィルムシミュレーションが搭載されおり、現在エテルナが使えるのはX-T3とこのX-H系だけになります。

X-M系
ファインダーが付いておらず、感覚的にはレンズ交換が出来るコンデジと言った感じ。エントリーモデルという位置付けだがX-Mならではの機能も搭載されている。

X-A系
こちらもエントリーモデルという位置付けでセンサーが他の機種と違うがそれ以外はX-M系と同一で且つ価格も安め。ヒット商品となり現在はX-A5まで出ている。X-M系と同様ファインダーが付いていないので、レンズ交換が出来るコンデジと言った感じ。


Gマウント

センサーが中判サイズのもう一つのミラーレス機。
現在はいかにもプロの撮影現場で使われてそうな「GFX 50S」とレンジファインダー式の「GFX 50R」の2種類のカメラがある。


レンズブランドは「フジノンレンズ」

富士フィルムのレンズ名は「フジノンレンズ」なにり、「FUJINON」と明記されています。
フジノンとは富士フィルムの子会社名で、レンズ等の光学系の製品を手がけていた会社になります。(現在は統合されました。)


ソニー

Aマウント
Eマウント
ソニーは一眼レフのAマウントと、ミラーレスのEマウントがあります。


Aマウント

Aマウントはソニーの一眼レフの「α」シリーズで使えるレンズです。
αシリーズ自体は昔のミノルタ・コニカミノルタ時代から作られていて、コニカミノルタがカメラ事業から撤退した後、ソニーがαシリーズを引き継ぐ形となりました。

フィルム時代に作られたレンズも今のデジタル一眼のαで使う事が出来ます。(APS-Cサイズのカメラの場合は画角が1.5倍になります)

後述するミラーレスのEマウントも「α」シリーズと同じ名前なので混同しがちですが、ちょっと勝手が違うので気をつける必要があります。


9→7→5→3

Aマウントのαシリーズはニコンやキャノンみたいに解りやすいカメラ序列になっておらず、一貫性が無いので一覧にするのが難しいです。

超ざっくりと言うと「9」という数字が付くものがプロ向けのフラッグシップ機で、「7」がハイアマチュア向け~中級機、「5」がその廉価版、「3」がエントリーモデルというイメージです。


フィルムカメラのαは全てフルサイズ

当然ですがフィルムカメラのαシリーズは全てフルサイズ機になっています。
「α-7000」でも「α-9000」でも「α-5000」でも「α-7」でも「α-9」でも全てフルサイズなのですが、デジタル一眼のαシリーズは9系がフルサイズで他はAPS-Cになります。

そしてニコンやキャノンと同様フルサイズモデルのレンズとAPS-C専用のレンズがあり、フルサイズモデルのレンズはAPS-Cのカメラで使う事は出来ますが、その逆は使う事が出来ません。

ですのでデジタル一眼レフの「α77」とAPS-C専用レンズを購入したとして、そのレンズではフィルムカメラの「α7」では使う事ができません。

この辺が感覚的に分かり辛い所ですね。


Eマウント

「ソニーのミラーレス=フルサイズ」というイメージがありますが、APS-Cのカメラも存在します。
ソニーが初めてミラーレスを世に出す事になった「α NEX(エヌイーエックス)系」と「α3000・5000・6000系」です。

そしてAマウントは7系もAPS-Cだったのですが、Eマウントは7系もフルサイズになっています。
ただ、フラッグシップは「α9」でEマウントでも「9→7→5→3」の法則が当てはまっています。

Eマウントも多分にもれず、フルサイズのレンズはAPS-Cのカメラでも使う事が出来ますが、APS-Cのレンズはフルサイズのカメラで使う事は出来ません。


カールツァイスもEマウントレンズを作っている

レンズというのは基本、自社や(富士フィルムのフジノンみたいに)自社の系列の会社が正式なラインナップを揃えるものですが、Eマウントは自社以外にカールツァイスレンズもラインナップに加わっています。

ソニーのレンズのページにも正式に表記されています。


オリンパス

フォーサーズシステム
マイクロフォーサーズシステム
オリンパス(と後述するパナソニック)は独自のマウントではなく、フォーサーズシステム、マイクロフォーサーズシステムを採用しています。


フォーサーズシステム、マイクロフォーサーズシステムとは?

フォーサーズシステム、マイクロフォーサーズシステムとはマウントの乱立を防ぐ為に打ち出した共通マウントの事で、このマウントを採用しているカメラやレンズならどこのメーカーのカメラやレンズも使用する事が出来ます。

フォーサーズシステムはデジタル一眼レフに使われていたマウントで、マイクロフォーサーズシステムはそれの拡張規格として誕生し、信号接点が2つ追加され、ミラーレスに使われています。
この2つには互換がありません。(そもそも径が違う)


オリンパスのフォーサーズシステムのカメラ

オリンパスのフォーサーズシステムのカメラは「Eシリーズ」で、デジタル一眼レフタイプのカメラになります。(現在は販売が終了しています。)

フラッグシップのE一桁系、中級機のE二桁系、エントリーモデルのE三桁系というラインナップです。


オリンパスのマイクロフォーサーズシステムのカメラ

オリンパスのマイクロフォーサーズシステムのカメラは「OM-Dシリーズ」と「PENシリーズ」の2種類があります。


OM-Dシリーズ

フィルム時代のオリンパスは「OMシステム」という”システム”を採用していて、OMというのはカメラ単体を指すものではなく、レンズ群やアクセサリー等、それにまつわる全てのものの総称という捉え方をしていました。(今ではこの考え方の方がスタンダードですね)

OMの「O」はOLYMPUSの「O」で、OMのMは一眼レフの1、単一という意味のMONOの頭文字からとっていて、OM-DのDはデジタルのDからきています。

【オリンパス OM-Dシリーズラインナップ】

OM-D E-M1系
OM-Dシリーズのフラッグシップに当たる機種。

OM-D E-M5系
OM-Dシリーズの中級機に当たる機種。

OM-D E-M10系
OM-Dシリーズのエントリーモデルに当たる機種。

1→5→10の順になっていて、バージョンアップはこの数字が変わるのではなく、「MarkⅡ」等の方式になっています。


PENシリーズ

このPENシリーズは派生が凄く、かなり複雑です。
元々の「ペン」から始まり、より操作が簡単になった「ペン ライトシリーズ」、更に操作が簡単になった「ペン ミニシリーズ」等があり、フィルム時代は更に種類がありました。

現在は元々の「PEN-F」とペン ライトの「E-PL」が販売されており、ペン ライトはE-PL1から始まり現在はE-PL9まできています。


オリンパスと言えばズイコーレンズ

オリンパスと言えばズイコーレンズで、表記的には「ZUIKO」と記されています。
これは昔のオリンパスのレンズ研究部門であった「瑞穂光学研究所」の「瑞」と「光」をとってズイコーと名付けられました。


パナソニック

フォーサーズシステム
マイクロフォーサーズシステム
ライカLマウント
パナソニックも前述したオリンパス同様、フォーサーズシステムとマイクロフォーサーズシステムを採用し、それプラス、フルサイズのミラーレスのライカLマウントがあります。(フォーサーズ、マイクロフォーサーズの説明はオリンパスの項目を参照)


パナソニックのフォーサーズシステムはLシリーズ

パナソニックのフォーサーズシステム、つまり一眼レフはLシリーズで、「L1」と「L10」が開発されました。(短命だったんですね)


パナソニックのマイクロフォーサーズシステムはLUMIXGシリーズ

パナソニックのマイクロフォーサーズシステム、つまりミラーレスはLUMIXGシリーズになります。

【パナソニックLUMIXGシリーズラインナップ】

G系
一番スタンダード的なモデル。ガッツリ撮る方はG系を選ぶと良い。

GH系
G系に動画機能を強化したモデル。値段的にはGシリーズの中で一番高いが、単純にフラッグシップという事ではない。

GF系
ファインダーが無い小型モデルで、レンズ交換の出来るコンデジみたいな感じ。

GX系
小型の高級ハイエンドモデルでファインダーは付いている。スナップシューターを想定した作り。

GM系
いわゆるエントリーモデル。


ライカLマウント

そしてこの度パナソニックが発表したフルサイズミラーレスは「LUMIX Sシリーズ」で、 ライカLマウントを使用しています。


リコー

kマウント
Qマウント
645マウント
「Kマウント」「645マウント」と言えば、真っ先に出てくるのがペンタックスですね。

「リコーってあの”GR”のリコーだよね!?ペンタックスはペンタックスじゃないの!?」これが僕の最初の印象でした。

昔のペンタックスのカメラをお持ちの方は馴染みがあるかもしれませんが、「アサヒフレックス」や「アサヒペンタックス」という文字がカメラに印字されていた通り、元々は「旭光学工業」という会社名で、その後社名変更や合併等色々あり、カメラや双眼鏡等を扱う事業部を別会社にし、その別会社をリコーに譲渡したという経緯があり、現在はリコーの子会社になっています。


Kマウント

ペンタックスのKマウントもマニュアルフォーカスのフィルム時代から続いている伝統のあるレンズで、現在のデジタル一眼レフでも使う事が出来ます。(ただし、一部の機能は使えないものもある)

【ペンタックスKマウント ラインナップ】

ist(イスト)世代
ペンタックスデジタル一眼レフの最初のシリーズ。

後ろにD世代
K100DとかK200Dとか後ろにDが付くのが特徴

ここからが、現在の流れをくんでいる世代になります↓

K一桁系
一番上位の機種。K7から始まり→K5→K3→現在のK1と、奇数毎に数字が小さくなっている。

K二桁系
K30から始まり→K50→現在のK70に至る。現在はエントリモデル的な位置付だが、昔は違ったみたい。

Kアルファベット系
Kmから始まり→Kx→Kr→Ks→現在のKPに至る。純粋な後継機ではない世代もある。現在は中級機的な位置付け。


645マウント

ペンタックスの中判サイズのデジタル一眼レフで、フィルムカメラの645マウントレンズも使う事が出来る。

最初に645Dが発売され、現在は2代目の645Zが発売されています。


Qマウント

ペンタックスのノンフレックスカメラで、ノンフレックスカメラとはざっくり言えばミラーレスの事なんですが、実際にはミラーレスよりももっと大きい括りのカメラの事を指します。(コンデジやレンジファインダーも同じ分類になる)

Q、Q10、Q7と続いて、現在はQ-S1が販売されています。


Kマウントレンズが使えるノンフレックスカメラもある

そしてこのノンフレックスカメラですが、Kマウントレンズを使えるタイプも存在します。
それがK-01なのですが、これ以降後継機は出ておらず一代限りで終わってしまいました。


シグマ

SAマウント
シグマはレンズメーカーというイメージがありますが、カメラも作っています。
しかも歴史も深く、フィルムカメラ時代からカメラ自体の開発に携わっていて、フィルムの一眼レフの「SAシリーズ」、デジタル一眼レフの「SDシリーズ」(共に生産終了)、そして現在はミラーレスの「sd Quattro」と「sd Quattro H」の2種類が販売されています。

「sd quattro」の方はAPS-Cで「sd Quattro H」はAPS-Hになります。

センサーサイズの「APS」というのは「アドバンスフォトシステム」の略になり、元々はフィルムサイズの規格の事で、全部で3種類あります。

一番よく聞くのが「APS-C」で、Cとはクラシックの略で他にも「APS-H(ハイビジョン)」と「APS-P(パノラマ)」があり、違いはアスペクト比にあります。

Cはアスペクト比3:2で現在のフルサイズと同じで、Hは16:9、Pは1:3とだんだん横長になっていきます。

「sd Quattro H」はAPS-Hサイズのセンサーを積んでいるのですが、アスペクト比は3:2になっています。
そもそもデジカメはこのアスペクト比というのは自由に変えられるので、センサーを大きくして解像度をあげるのが目的なのだと思われます。

そして現在は「ライカLマウント」のフルサイズミラーレスを開発しています。


最後に 所感など

今回の記事は色々と調べながら執筆していったのですが、僕自身がすごく勉強になりました。

特に強く思ったのが、「ニコンFマウントとペンタックスKマウントスゲェ!」という事です。

日本のカメラというのは戦後のレンジファインダーカメラの開発から始まり、「ライカM3」の完成度に驚愕し、こぞって一眼レフの開発に乗り出したという歴史があります。

そこからマニュアルフォーカス時代、オートフォーカス時代、デジタル一眼レフ時代を経て、現在ミラーレスの時代を迎えようとしています。

多くの会社はオートフォーカスに切り替える際にマウントを一新しているのですが、ニコンとペンタックスはマウントを変えませんでした。


次に最後に紹介したシグマの「Foveon(フォビオン)センサー」が非常に気になったという事です。

何かの記事で読んだ事があるのですが、デジカメにはセンサーの表面にカラーフィルターみたいなものが付いているので、デジカメで撮った白黒写真というのは、本物の白黒写真ではないそうです。(付いた色を何かの処理で白黒にしている)

デジカメで本当の白黒写真を撮るのなら表面にカラーフィルターが付いていないカメラを選ぶしかないそうで、現在そういうカメラは「ライカモノクローム」とシグマのカメラ(Foveonセンサー)だけだそうです。


そして最後に、もしフィルムが無くなったらこのカメラを使いたいというカメラが見つかったという事です。

僕は現在フィルムカメラで写真を撮る事の方が多く、フィルムが無くなったら味気なくなるなと思っていたのですが、今回色々と調べているうちに面白そうなカメラに出会う事が出来ました。


長かった

これで一応日本で展開しているほとんどのメーカーのマウントをご紹介してきましたが、最初は本当に一覧表だけにしておこうと思ったのですが、補足情報を加える事によって異様に長い記事になってしまいました。

今後も追加の情報等があればアップしていきますので、ちょくちょく見に来て頂ければと思います。
タイトルとURLをコピーしました