おすすめのレンズクリーナーは「激落ちくん」レンズペンとの違いは?


カメラのレンズのメンテナンスはどうされていますか?

レンズを交換する時等、誤ってレンズに指が触れてしまう事もよくあり、放っておくとレンズが指紋だらけになってしまいます。

これは物理的な汚れですので、ダイレクトに画質に影響してしまいます。

そこで今回はおすすめのレンズクリーナーをご紹介したいと思います。


それはズバリ「激落ちくんカメラレンズクリーナー」


それはズバリ「激落ちくんカメラレンズクリーナー」で、メラミンスポンジで有名ですね。(初めてメラミンスポンジを使った驚きは今でも忘れられません。机に書いた油性のマジックが見事に消えました)

その激落ちくんから出ているレンズクリーナーなので、結構な期待をしながら購入しました。

使ってみた感想は素晴らしいの一言で、とあるレンズペンを使用した際に致命的な汚れがレンズプロテクターに付着してしまったのですが、見事に落としてくれました。(この「致命的な汚れ」については後でお話します)

それ以降はレンズペンから激落ちくんに乗り換えました。


中身紹介

この激落ちくんカメラレンズクリーナーは(矛盾していますが)ドライなウェットティッシュという感じで、一枚一枚包みに入っています。



包みから取り出した時は↑のようになっていて、



広げると大体千円札くらいの面積になります。

折り目が付いていて、一枚につき8マスの面があるのが解りますが、1マスで1つのレンズを十分に拭く事が出来ます。

僕の場合はデジカメとフィルムカメラで4つのレンズを使っているので、一枚で十分にカメラを綺麗にする事が出来ます。

そして余った部分でカメラの背面液晶やスマホの画面も綺麗にしています。


レンズペンとどっちが良い?


レンズクリーナーと言えばレンズペンが思い浮かぶと思いますが、僕も以前はレンズペンを使用していました。

凄く安物のやつを使っていたのですが、ある日それでレンズを磨いていた時に変な汚れがレンズプロテクターに付着してしまい、どれだけ頑張っても落とす事が出来ず、泣く泣くレンズプロテクターを買い直す羽目になりました(まだレンズプロテクターで良かったです。もしこれがレンズそのものに付着していたらと思うと…)。

その汚れはたまたまだろうと思っていたのですが、またある日に別のレンズプロテクターにも同じものが付着してしまったのです。

レンズプロテクターとはいえ、底々良い値段がします。何とかならないものかと解決策を探していた時に激落ちくんカメラレンズクリーナーの事を知り、試す事になりました。

結果、見事のその汚れを落とす事ができ、それ以降はレンズペン派から激落ちくん派になったのは先にお話しした通りです。

レンズペンは悪い訳ではありませんが、もしレンズペンを買う時は多少値段が張っても、品質の良いものを買う事をおすすめします。

しかし一番のおすすめは「激落ちくんカメラレンズクリーナー」です↓
Amazon.co.jp: Kenko クリーニング用品 激落ち カメラレンズクリーナー 30包入り アルコール成分配合 872024: カメラ
家電&カメラをお探しなら低価格・豊富な品ぞろえのAmazon.co.jpで、Kenko クリーニング用品 激落ち カメラレンズクリーナー 30包入り アルコール成分配合 872024を通販でいつでもお安く。アマゾン配送商品なら通常配送無料(一部除く)。




初めてのフィルムカメラガイド


「初めてのフィルムカメラガイド」というページを作りました。 カメラの選び方や最初につまずくポイント、そして日本に流通しているレギュラー的なフィルム全ての作例を載せていますので是非ご覧ください。

>初めてのフィルムガイドのページに行く




SNSに疲れたあなたに送る、SNS以外の写真の楽しみ方


この楽しみ方はSNSとは何もかもが真逆なので、心のバランスを取り戻す事ができます。お疲れの方は是非試してみてください。

>SNS以外の写真を楽しんでみる
写真Howto等
シェアしてくれると嬉しいです!
フォローしていただくとブログの更新を見逃しません
写るんですです。
タイトルとURLをコピーしました