Zineを作る時は注意!高画素でもそのまま印刷すれば粗くなります


Zineという形で写真集を出すとなると、当然写真を印刷するという作業が必要になります。

写真がネットで完結する昨今では、写真を印刷するという事が珍しいので、初めてZineを作る時は意外な落とし穴にはまってしまう事があります。

その中で一番最初にはまりやすいのが、デジカメで撮った写真をそのまま印刷に出して、画像の粗い写真になってしまうというものです。

最近のデジカメの画素数は凄まじく、2000万・3000万は当たり前で、5000万画素なんてのもあるくらいです。

しかし仮に5000万画素で撮った写真をそのまま印刷に出したとしても、やはり粗い写真になってしまいます。

印刷の世界では画素数がメインの指標ではありません。

今回は写真を印刷する際に、粗い写真にならない為に必ずやらないといけない事についてお話していきます。


ネットの世界における画素数とは


スマホやパソコンに映し出される画像という名の写真を細かく分解していくと、1つの点になります。
この1つの点の正式名称を「画素」と言い、画像はこの画素の集まりで出来ています。

画像の中にある画素の数が多いと画質の良い写真になり、少ないと粗い写真になり、5000万画素というのは1つの画像の中に5000万の画素(点)があるという事になります。

ちなみに僕がブログに投稿する写真が長辺600×短辺400=24万画素で、パソコンモニターでフルスクリーンで見る場合も150万画素くらいあれば十分です。
ですのでこの5000万画素がどれだけ莫大かが解ると思います。

しかし前述の通り、5000万画素の写真をそのまま印刷に出しても粗い写真になってしまいます。
150万画素で十分なパソコンモニターよりも小さなA4サイズで印刷したとしてもです。


印刷にとって重要なのは「解像度」という指標

では何故5000万画素の写真をそのまま印刷に出したら、粗い写真になってしまうのか?という事ですが、「解像度」というものあるからです。


解像度とは1インチ(2.54cm)×1インチ(2.54cm)四方の中に、画素(点)が何個入っているか?というものになり、さっきと同じ理屈で点の数が多いほど画質が良いという事になります。

単位は「dpi(ドット・パー・インチ)」というもので、例えば1インチ四方に100個の点が入っていれば「100dpi」という呼び方をします。

デジカメで撮った写真は通常72dpiで保存され、そのまま印刷すれば1インチ四方に72個の点が入った写真になるという具合です。


印刷の場合は350dpiが必要

この72dpiというのはかなり小さい数字で、zine等の冊子を印刷する場合は350dpiというのが推奨になっています。

ですのでそのまま印刷すれば、画素の多さに関わらずかなり粗い写真になってしまいます。(ほとんどの印刷屋さんは入稿した段階でチェックが入るので、その時に「解像度が低すぎます」という注意があると思います)

ですので、あらかじめ解像度を350dpiにして入稿する必要があります。

解像度の変更の仕方ですが、お使いの画像編集ソフトによってもまちまちなので具体的に説明する事は出来ませんが、使用している方が多いであろう「Photoshop」と「GIMP」は間違いなく変更する事が可能です。


終わりに

現在の写真はネットで完結する事がほとんどなので、解像度という観念自体が盲点になっています。

ネットプリントでもその辺りの変更は自動でやってくれると思うので特に気にする事の無かったのですが、いざ印刷をする段階で初めて壁にぶち当たったという感じです。

僕自身も初めて写真集を作った際に結構戸惑いました。
タイトルとURLをコピーしました