白黒写真はある程度いじってあげた方が良いかもという話


デジカメにしろフィルムにしろ、撮った写真をいじる事はあるでしょうか。
調整程度にいじる方もいれば、がっつりと料理される方もおられ、そこは意見が分かれる所ですね。

僕はデジカメ・フィルム共にカラー写真はそのままにしていますが、白黒に関してはいじる事が多いです(元々は抵抗がありました)。

以前に白黒写真を調整程度にいじってみたら写真が見違えたという事が起こり、そこには白黒ならではの理由がある事を発見したからです。

そこで今回は撮った写真をいじるのに抵抗がある方も、白黒写真に関してはいじってあげた方が良い理由をお話していこうと思います。

必ずしも撮影者の力量とは全く関係の無い部分が作用しているという事が解ると思います。


モノクロの“モノ”とは「単一」や「一つの」という意味

白黒写真の事を「モノクロ写真」という呼び方をします。
モノクロの「モノ」というのは「単一」や「一つの」という意味で、写真においては「一つのトーンで表現した写真」という事になります。

逆に一つのトーンで表現していないのがカラー写真という事になります。
色というのはもとをただせば「赤」と「緑」と「青」の組み合わせで出来ていて、それぞれにもトーンがありそれらが組み合わさる事によって文字通り色々な色になるという訳です。

           


白黒写真というのは白から黒の1トーンのみで表現した写真なのでモノクロ写真と呼ばれているのですが、厳密に言えばそれ以外、例えば緑のトーンのみで表現した写真もモノクロ写真と呼ぶ事ができます。

緑のトーンのみで表現した写真。これもモノクロ写真になる。


トーンが一つしかないので、きっちり使わないとのっぺらぼうみたいな写真に


カラー写真の場合は色があるので、それだけでメリハリができ、何もしなくても立体的で表情豊かな写真になります。
しかしモノクロの場合はトーンが一つしかないので、トーン内の色をきっちり使わないとのっぺらぼうみたいな写真になってしまいます。

ある程度明暗差がある所ならまだ良いでしょうが、全体的に同じ明るさの所の場合は顕著にそれが表れます。
↑の写真も手前と奥が完全に同化していて、いわゆる眠い写真になってしまっています。
少しいじってやるとこんな感じになります↓



それぞれの部分が際立ち、手前と奥もきっちりと分かれて立体的になりました。
これはメリハリの問題なので露出が云々というのが本質的な問題ではありません。


作例

他にもビフォーアフターの写真を見てもらいましょう。



レトロな商店街の写真です。お気に入りの写真だけにこののっぺりさは非常に残念です。



いい感じになりましたね。奥行きもしっかりと出ています。





続いて商店街の中の写真です。これも明暗差が無く本当にのっぺりしていますね。



奥行きが出ていい感じになりました。





続いてはこちらの写真。特に線路にご注目ください。



複雑な操作は何もしていません。この写真が元々持っているトーンを活用しただけです。





何が写っているという訳ではない風景ですが、お気に入りの写真です。



メリハリをつけてあげるだけで、こんなにも変わります。





奥側の建物と絡まってる電線を強調したかったのですが、メリハリが無いので手前と奥が同化してしまっています。



これでだいぶ良い感じになりました。


いじっているデータはjpgで、しかもフリーソフトを使用しています。

写真をいじるにはRAWで撮って現像するのが普通ですが、僕はそれすらやっていません。
jpgのデータを直接いじり、ソフトもlightroomとかではなくフリーソフトです。

しかも複雑な事はやっておらず「トーンカーブ」という項目をちょっといじってるだけです。
ややとっつきにくいですが、ちょっと勉強すれば誰でも使う事が出来ます。

フィルムデータの場合は200万画素くらいなのですが、それでもL判プリントくらいなら劣化の心配はありません。


だからと言ってやりすぎはダメ

だからと言ってやりすぎるのも考えものです。


これらはただのやりすぎです。
何らか狙いがあるのなら別ですが、奇をてらってはやらない方が良いと思います。


終わりに

白黒写真はトーンが1つしかないのでトーン内の色をきっちり使わないと手前と奥が同化して、のっぺらぼうみたいな写真になってしまいます。

これはメリハリの問題ですので、単に露出の問題だけではなさそうです。

白黒に関しては伝えたい事を伝える為に、ある程度はいじってあげた方が伝わりやすいような気がします。

どうしても抵抗がある場合は、デジカメの設定を変えてあげましょう。
コントラストを高めにするとか、カメラによっては「ハイライト」「シャドウ」をプラスマイナスできるものもあります。
タイトルとURLをコピーしました