フィルムの箱でそのフィルムの特徴が解る説を検証してみた


色々なフィルムを使っていて気付いた事があるのですが、フィルムの箱というのはそのフィルムの特徴を表しているのではないか?という事です。

彩度が高く派手な発色をするフィルムなら箱のデザインもカラフルなものに、逆に白黒フィルムなら白黒をイメージできるような落ち着いた感じのものが多いという具合です。

ちょっと例を挙げて見ていきましょう。


コダックウルトラマックス400の場合

一番如実に表れているのがコダックの「ウルトラマックス400」です。


箱の色はコダックのベースカラーである黄色で、それに加えて青色がまざっています。
箱のデザインをする時に、青色をチョイスしたと言う事はやはり何か理由があるはずです。

そんなウルトラマックス400の写りはこんな感じです↓








基本的に暖色系の写りをするのがコダックの特徴ですが、ウルトラマックス400はすごく青いです。
特に空なんかは顕著にそれが出ていますね。

コダック ウルトラマックス400 フィルムガイド 「青い。」
今回はコダックの「ウルトラマックス400」というフィルムをご紹介するのですが、このフィルムはどうも掴めない印象を持ちました。 なので一応色んな人のレビューも読んでみたのですが見事に言ってる事がバラバラで、「黄色っぽくなる」「青...



IRO200の場合


次に歌舞伎のイラストでお馴染みの「IRO200」ですが、こちらは黄色一色ですね。
そんなIRO200の写りはどんな感じかと言いますと、








コダックよりも黄色いです。
僕が今まで使ってきたフィルムの中で一番黄色いフィルムだと思います。

日本の歌舞伎をモチーフにするのなら、別に黄色にする必要はありませんが、黄色をチョイスしたのはおそらくフィルムの特徴である黄色っぽくなるという事を表したかったんだと推測されます。

IRO200/400レビュー 心意気は嬉しいが色々疑問が残るフィルム
今回はFilm Never Dieという会社のフィルムを紹介するのですが、この名前を知らなくても、「歌舞伎のロゴのフィルム」と言えばピンと来る方が多いのではないでしょうか。 箱のデザインがもの凄いインパクトがあり、発売当初はか...



ロモグラフィー「カラーネガティブ」の場合

そして最後にロモグラフィーの「カラーネガティブシリーズ」も見てみましょう。
このフィルムは「ポップなカラフルさ」でおなじみで、少なくとも低彩度でふわっとした感じではありません。

その中でも感度100が赤、400が青、800が緑というカラーがベースにあります。


感度100の場合








感度100のフィルムは特にその傾向が強いイメージがあります。
ただし、赤っぽくは無いと思います。


感度400の場合












感度400の場合は一変してカラフルさは抑えられて、全体的に青っぽい感じがします。
これは青色の箱と合致していますね。


感度800の場合






感度800の箱は緑色で、実際の写真も緑っぽいイメージがあったのですが、これは高感度フィルムなのでおのずと夜に撮る事が多いからだと思います。

白熱灯は写真に写ると緑っぽくなるのでそのせいだと思います。
昼間の写真は決して緑という訳ではありません。







400と似たような感じですね。


例外もある

たしかに例外もあります。
例えば富士フィルムの「PRO400H」はとかはそうですね。










PRO400Hの箱は富士フィルムのベースカラーである緑に紫が入っていますが、決して紫色ではありません。
これはフィルムの色合いというよりも、高級感的なイメージを反映してこの色を選んだのだと思いまいます。

他にもリバーサルフィルムの「プロビア」「ベルビア」、コダックの最高画質フィルムを誇る「Ektar100」も写真を写りよりも高級感を反映させたデザインになっています。


PROVIA100F


Velvia50・100


Ektar100



結論

決してフィルムの色合いが反映されている訳ではありませんが、何らかの意図は必ず盛り込まれているという事が解りました。

よく考えたら当然で、白黒フィルムの箱のデザインがカラフルだったり、プロ仕様の高級フィルムが記録用と同じデザインだったらおかしいですね。

これによって売り上げも変わるので、やはりよく考えられていますね。
タイトルとURLをコピーしました